クチン おすすめレストラン/Kuching Recommended Restaurant

【シリーズ 世界のレストラン】

2023年12月、私はマレーシアのサラワク州にあるクチンに滞在していました。カリマンタン島(ボルネオ島)に位置するクチンはマレーシアの首都であるクアラルンプールとはまた違った魅力のある街です。今回は滞在中に見つけたオススメのレストランを紹介させて頂きます。クチンへの滞在や旅行を検討されている方のお役に少しでも立てばと思っております。

1.カフェ・デウィ・ラクサ Kafe Dewi Laksa S__10264582_0_20240120.jpg
S__10264580_0_20240120.jpg
日曜日のお昼時に訪れたこちらのレストラン。東南アジアの"ザ・食堂"といった雰囲気のあるお店では、地元の人に人気な"ラクサ"を頂きました。ラクサとはマレーシアで親しまれている麵料理で、サラワク州のラクサはココナッツミルクを使った濃厚でスパイシーなスープが特徴です。
S__10264581_0_20240120.jpg
そんなに辛くはなかったのですが、苦手な方は少し辛いと思うかもしれません。日本で食べる胡麻担々麺の様なクリーミーなスープがとても美味しく、麺は細麺で食べやすかったです。私が頂いた"ラクサ・パタヤ"はオムレツが器を覆っており、これを崩しながら麺と一緒に食べると最高でした。

こちらのお店はドリンクの種類も豊富で、ラクサと一緒にいただく事をオススメします。
S__10264578_0_20240120.jpg
カフェ・デウィ・ラクサ Kafe Dewi Laksa
■お値段
・ラクサ・パタヤ 9リンギット(約290円)
・グリンティー 2.8リンギット(約90円)
■営業時間
・午前6時から15時まで営業
・火曜日お休み
※GoogleMapでは15時まで営業と記載されていますが一度、14時頃に行った時に閉まっていたので、午前中に訪れることをお勧めします。

2.コロ・ミー・レッド Kolo mee Red S__10305547_0_20240120.jpg
S__10305546_0_20240120.jpg
こちらの食堂では、クチンの中華系料理の定番である"コロミー"を頂きました。営業開始直後に訪れたので、お客さんは数組と言った感じですが、こちらはクチンで有名な食堂で、夜間はとても賑わっているようです。こちらが名物のコロミー。
S__10305544_0_20240120.jpg
写真では少し辛そうに見えますが、決してそんなことはなく、噛み応えのある細麺と濃い目の味付け、良い感じの油分に胃が刺激されます。とても安価で頂ける分、量も少なめです。他のレストランで食事をして、夜間に〆で頂くのも良いかもしれません。
コロ・ミー・レッド Kolo mee Red
■お値段
・コロミー 6リンギット(約190円)
■営業時間
・午前17時から23時まで営業
・定休日なし

3.カンティン・アット・ザ・グラナリー KANTIN at The Granary S__10313734_0_20240120.jpg
S__10313733_0_20240120.jpg
倉庫を改装したようなクールなこちらのレストランでは、"ナシクラブ"というマレーシア料理を頂きました。ナシクラブはチョウマメという植物の花弁で色づけたご飯に鶏肉や揚げ餅、サラダが盛られたプレート料理です。ちなみに【ナシ=ご飯】【クラブ=サラダ】という意味です。
S__10313730_0_20240120.jpg
香ばしい鶏肉にエキゾチックな味付けのサラダ、お米がどんどこ進みます。ご飯は青く色づけられていますが、決して癖は無く、日本人好みの炊き加減でした。そして付け添えの納豆のような風味のある揚げ物が、また美味しかった。ただしソースやサラダは結構辛いので、苦手な方やお子様はお気を付けください。一緒に頼んだ甘いコーヒーはナシクラブと、とても相性がよかったです。
カンティン・アット・ザ・グラナリー KANTIN at The Granary
■お値段
・ナシクラブ 25リンギット(約800円)
・ドリンク 12リンギット(約380円)
■営業時間
・午前10時から22時まで営業
・月曜日お休み

4.スウィー・カン・アイス・カチャン Swee Kang Ais Kacang S__10305540_0_20240120.jpg
S__10305541_0_20240120.jpg
最後にマレーシアの定番デザートである"アイスカチャン"のお店をご紹介。アイスカチャンは直訳すると"豆の氷"という意味でマレーシアのかき氷です。こちらのお店ではアイスカチャン以外にもラクサなどの食事も楽しめるので、ランチにも最適です。
S__10305538_0_20240120.jpg
こちらのお店のアイスカチャンは、日本のかき氷のような、きめの細かい氷に小豆が入っています。さらに"チェンドル"という米粉で作った不思議な食感のゼリーの麺も追加しました。チェンドルや小豆は基本的に甘さ控えですが、上にかけられている黒蜜が激甘なので、上手く混ぜて食べると丁度良い甘さでした。
スウィー・カン・アイス・カチャン Swee Kang Ais Kacang
■お値段
・アイス・カチャン 4リンギット(約130円)
■営業時間
・正午12時から18時30分まで営業
・火曜日お休み

今回はひと月という短い滞在期間で訪れたレストランや食堂をご紹介させて頂きました。クチンは首都のクアラルンプールに比べると中華系の方やマレー系の方が多く住む地域で、伝統的なマレーシア料理のお店が豊富な印象です。お値段も比較的に安いお店が多く、外食も気兼ねなく楽しむことができました。皆様もクアラルンプールの次は是非、クチンまで足を運んでみてください。

Kuching Recommended Restaurant
Location: Kuching Malaysia
Shooting date: 12/2023
category: Restaurant
関連記事