メダン・サンデーマーケット/Medan Sunday Market

【シリーズ 世界の市場】

2023年12月某日、マレーシアのクチンにあるメダン・サンデーマーケットを訪れた。ここはクチンの中心街より3kmほど西に位置する市場である。今回、ひと月ほどクチンに滞在する機会があったので、2度利用させて頂いた。

こちらがメダン・サンデーマーケットの手前にある吊り橋のようす。
_DSC8388_20231217.jpg
この吊り橋を渡った先にメダン・サンデーマーケットがある。私は徒歩でここまで来たが、クチンは12月でも30℃は軽く超えてくるので、生鮮食品などを購入する場合には、Grabを利用することをお勧めしたい。

そしてこちらはメダン・サンデーマーケットのようす。
_DSC8489_20231217.jpg
_DSC8424_20231217.jpg
想像していた以上に大きなマーケットである。上の写真のような屋根付きの屋台スペースが4棟ほどあり、青果から肉や魚、日用品など様々な商品が販売されている。ちなみに名前に『サンデーマーケット』と入っているが、毎日やっているようだ。

早速、一番手前の青果が並ぶエリアを覗いてみる。まずは野菜やキノコを販売するお店を発見。
_DSC8413_20231217.jpg
とても綺麗にディスプレイされている。野菜もとても新鮮であった。この手の青空市場では、結構、野菜が死んでいるケースもあるのだが、どうやらメダン・サンデーマーケットは信頼できそうな予感である。早速、このお店では葉物野菜とナス、キクラゲを購入させて頂いた。お値段は5リンギット(約160円)とかなりお買い得であった。

さらに東南アジアならではのお店を発見。
_DSC8418_20231217.jpg
モンキーバナナである。そう!たぶんモンキーバナナである。日本でも、近年その甘さから人気が高まっているモンキーバナナであるが、東南アジアではお馴染みの存在である。海外ではなかなか生野菜やフルーツを食べる機会が少ないので、ここでしっかりと栄養を取っておきたいところである。お値段は600gで3リンギット(約100円)と爆裂モンキー価格であった。

続いてお隣の棟へと移動する。
_DSC8427_20231217.jpg
_DSC8429_20231217.jpg
こちらは主に鮮魚を扱う棟のようだ。市内にはサラワク川が流れ、少し北に進めば南シナ海という環境のクチンでは魚介類が、昔から食されていたようだ。こちらの市場でも海の幸から淡水魚まで幅広く販売されていた。
_DSC8474_20231217.jpg
_DSC8439_20231227.jpg
ヨーロッパの市場では、お魚を購入してアパートで捌く事もあるのだが、さすがに自宅まで4kmほどあるので、鮮度を保ったまま、運べる自信がないと購入を断念。お兄さんたちも積極的に声をかけてくれて申し訳ないが、代わりに干物屋さんで煮干しを購入することにした。
_DSC8433_20231217.jpg
1kgで40リンギット(約1280円)とちょっと高いなと思ったが、500gを購入して驚いた。ポテトチップスと同じサイズの袋にパンパンに詰めた量になってしまった。干した魚がそんなに軽いとは……勉強になった。そして、後の一か月の滞在で、ほぼ毎日煮干しスープを飲み事となった。

続いてお肉屋さんが並ぶ棟へと移動する。
_DSC9236_20231217.jpg
イスラム教徒の方やインド系の方が多いマレーシアらしく、鶏肉が多く販売されていた。生きたままの鶏が売っていることはなかったが、それでは頭付きの鶏肉たちがズラリと並ぶ。

以前から気になっていたのだが、一羽で、いくらくらいするものだろうか?お店のお父さんに値段だけ確認するつもりだったが、親切に対応してくれたお父さんに申し訳なくなり、一羽買うことにした。お値段は25リンギット(約800円)と驚きの安さである。
_DSC9233_20231217.jpg
目の前でバシバシと解体してくれるお父さん。『この内臓はいる?足いる?』『これはフライにしたら美味しいよ』など様々なアドバイスをくれた。そして鬼のような氷と共に綺麗にパッケージングしてくれた。

続いて別日に訪れた牛肉屋さんのようす。
_DSC8478_20231217.jpg
どうやら牛肉を扱うお店は、こちらの店舗だけのようだ。30℃を超える中、東南アジアの市場らしく、常温販売である。この状態で何故、鮮度が保たれているかはもう謎である。ここではロースあたりを520g購入。お値段は33リンギット(約1050円)とやはり鶏肉と比べるとかなり高値であるが、それでも日本よりは安い。ただ、常温販売かつ数キロの道のりを歩いて運んだため、私の口に入るときは、本当にギリギリの鮮度であった。

続いて場内にあるフードコートで市場飯を頂くことにした。
_DSC8461_20231217.jpg
_DSC8466_20231217.jpg
様々なメニューが並ぶなか、私はミーゴレンとスープのセットを頂いた。お値段は8リンギット(約255円)と超市場価格。味も濃く、空腹に突き刺さる美味さであった。この味でこの価格。だから東南アジアの市場は好きである。

最後にチェンドルという米粉で作ったゼリー状の紐が入った甘いドリンクを購入し、帰路に就く。
_DSC8481_20231217.jpg
_DSC8482_20231227.jpg
今回の滞在では、アパートから少し離れていたため、2度しか利用できなかったメダン・サンデーマーケット。それでも十分に魅力が伝わってくる素晴らしい市場であった。クチンには、ショッピングモール内に大型のスーパーマーケットもあり、食べ物を購入することに不便はないのだが、やはり市場に来ると、その国や地域の色が見えてくるので、好きである。これからも世界中の市場を訪れて行きたい。

最後に。
_DSC9249_20231217.jpg
一羽分買った鶏肉は、おじちゃんが入れてくれた爆裂氷のおかげで、最高の鮮度でアパートまで運ぶことができた。(アパートに付いた頃には、全部水となっていたが)。さて、この量の鶏肉を何にして頂こうか。

おわり。

Medan Sunday Market

A large market located on the outskirts of Kuching, Sarawak. Vegetables, fruits, fish, meat, and all other foodstuffs were sold at the market. The price and freshness are excellent, so this is a recommended market.

Location: Kuching Malaysia
Shooting date: 12/2023
Category: Market & Night Market
関連記事