ドバイ・クロコダイルパーク/Dubai Crocodile Park

【シリーズ 世界のワニ園】

2023年8月某日、アラブ首長国連邦のドバイにあるクロコダイルパークを訪れた。ここはドバイの中心街より電車とバスを使って1時間ほどのところにあるワニ園である。今回、1週間ほどドバイに滞在する機会があったので、訪れた次第である。

こちらがドバイ・クロコダイルパークの最寄りのバス停の様子。
_DSC7146_20231021.jpg
中心街に比べると閑散としたエリアである。ドバイ国際空港に近いことから、頭上を何度か飛行機が通過して行く。ここから数百メートル歩くと、目的のクロコダイルパークがあるのだが、何より暑い。この時期のドバイは最も暑く、日中は40℃を平気で超えてくる。またアラビア海に近いドバイ、海風の影響か、はたまたビル風か、とにかく風も強い。そのため、体感は45℃近くにも感じられる。1km歩くことだけでも、かなりキツイ。そして基本、歩いている人などいない。

バス停から歩くこと10分ほど、私の体力が限界を迎えたところで目的のクロコダイルパークが見えてきた。
_DSC7157_20231021.jpg
_DSC7163_20231021.jpg
園内のエントランスルームはエアコンが爆効きしていた。それは真夏の図書館の比ではない極楽であった。なんだか素敵なカフェなんかもあったりするが、節約が必須なドバイにおいて、欲望に身を任せた飲食は命取り。ここは我慢し早速、入園チケットを購入。受け付けのスタッフに『このクロコダイルパークを何で知りましたか?』と質問されたので、『私は世界中のクロコダイルパークを巡る、クロコダイルパークハンターだ』と説明する。

私のクロコダイルパーク愛が伝わったか否かは定かではないが、入場95ディルハム(約3,900円)を支払う。中々のクロコダイルプライスである。チケットを受け取り、いざ園内へ。

こちらがドバイ・クロコダイルパークの園内のようす。
_DSC7182_20231021.jpg
_DSC7211_20231021.jpg
なかなかオシャレな園内である。そして暑い。私以外にも数名のお客さんが来ており、スタッフからの丁寧な説明に耳を傾けていた。ちなみに園内の綺麗さ以上に驚いたのが、スタッフの数である。各セクション毎に2名以上のスタッフが配置されており、ワニの生態を細かく教えてくれる。しかし、これはこのクロコダイルパークに限ったことではなく、とにかくドバイのどこに行っても従業員は多い。まさにバブルと言った感じだ。

そしてお目当てのワニたちのようすがこちら。
_DSC7364_20231021.jpg
_DSC7201_20231021.jpg
250匹以上のナイルワニがいるドバイ・クロコダイルパーク。園内にいくつか設けられた水場にはたくさんのナイルワニが確認できる。幾分暑さに強いであろうナイルワニもさすがにこの暑さではバスキングしている個体はいなかった。それでも割と近くでクロコダイルを見ることができ、その迫力は素晴らしかった。

また幾つかの水場は自然に近い形で形成されており、クロコダイルたちも気持ち良さそうであった。
_DSC7271_20231021.jpg
_DSC7482_20231021.jpg
続いて、クロコダイルパーク内にあるミュージアムへと入る。こちらでは恐竜時代から生き残ったワニの独実の進化などについて学ぶことができるようだ。
_DSC7283_20231021.jpg
チケットは園内と共通で追加料金はない。まず入ってすぐに、ワニの先祖が誕生した歴史について学ぶエリアが広がる。
_DSC7287_20231021.jpg
_DSC7291_20231021.jpg
映画『ジュラシック・ワールド』などにもワニに似た海生爬虫類が登場するが、この時代から、ほとんど進化が必要ないほど完成されていたと考えると、ワニの有能さに脱帽である。

また館内には1768年に初めてナイルワニの姿を記録したジョセフス・ラウレンティ氏のコレクションのレプリカなどが展示されており、とても興味深いものである。
_DSC7298_20231027.jpg
さらにワニの心臓の構造や骨格標本など、様々な展示品が並ぶ。正直、入場料の高さにデスロールを食らった気分であったが、野外のナイルワニの展示や博物館の内容を考えると、十分に来る価値のある場所であった。

また館内には可愛らしいチビたちの姿もあった。
_DSC7306_20231021.jpg
_DSC7314_20231021.jpg
なんとも絶妙に設定された水の高さである。

博物館を出た私は、その後も野外にあるナイルワニの水場を見学して回る。野外の展示は『湖・滝・島・砂州』の4つのコンセプトで展示されているようだ。これまでにも世界のいくつかのワニ園を見てきたが、これほど拘った展示は初めてである。

野外の展示スペースを少し歩くと、最後に水族館と位置付けられた屋内施設が現れる。
_DSC7403_20231021.jpg
こちらでは実際にナイルワニたちが泳ぐ姿を水中の高さで見ることができる。水族館などでは良く見る展示方法であるが、ワニ園でこのような展示は珍しい。早速、中へと入ってみる。

こちらが水族館のようす。
_DSC7451_20231027.jpg
_DSC7437_20231027.jpg
何とも活き活きとしたナイルワニたちがそこにはいた。水はとてもクリアであり、またガラスには彼らの爪跡こそあるものの、とても綺麗で本当に同じ水中にいるような気分であった。クロコダイルたちが時折り、目の前を横切るその姿は圧巻の一言である。
_DSC7454_20231021.jpg
私は2時間ほど滞在し、ドバイ・クロコダイルパークを後にした。

今回のドバイ滞在において、最も訪れてみたかったクロコダイルパーク。ドバイ到着後、いの一番に訪れたが、それに見合った素晴らしい場所であった。クロコダイルパークの中には皮や肉を目的とした施設もあり、劣悪な環境下で飼育されるケースもあるというが、ドバイ・クロコダイルパークのワニたちは自然に近い形で、優雅に過ごしているように見えた。とてつもない暑さを除いて・・・。これからも世界中のクロコダイルパークを訪れて行きたい。

最後に。クロコダイルの水場で命がけの水分補給をする鳥。この暑さだ・・・気持ちは分かる。
_DSC7398_20231021.jpg
おわり。

Dubai Crocodile Park

Crocodile Park on the outskirts of Dubai. There are many Nile crocodiles. They are displayed in a form close to nature and are very impressive to see. The exhibits at the museum and aquarium were also wonderful.

Location: Dubai UAE
Shooting date: 8/2023
Category: Amazing place
関連記事