ビストリック・タワー/Bistrik tower

【シリーズ 世界の廃墟】

2023年7月某日、ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボにあるビストリック・タワーの廃墟を訪れた。この廃墟は以前、ご紹介したサラエボオリンピックで使われたボブスレーコースの廃墟の近くにあり、そちらに訪れる際、たまたま見つけた場所である。なかなか見ごたえのある廃墟だったので、今回ブログで紹介させて頂く次第である。

こちらがビストリック・タワー付近のようす。
_DSC5135_20230908.jpg
写真の左手には、ボブスレーのコースがある。以前の記事でご紹介したとおり、ボブスレーのコースやビストリック・タワーはトレベヴィチ山の山中にあり、サラエボ市街からはロープウェイを使うか、自力で登山する必要がある。私は後者を選び、既にパンパンになった足にムチを打ち、ビストリック・タワーを目指す。
_DSC5148_20230908.jpg
_DSC5150_20230908.jpg
山道を進んで行くと、丘の様な開けた場所に出る。そこには三人のご機嫌なお父さんたちがいた。少し警戒したが、こちらから挨拶をすると良い感じに答えてくれた。どうやら危険な方たちではないようだ。そして彼らの集いの反対側に目的のそれはあった。
_DSC5154_20230908.jpg
なかなか味のある廃墟だ。規模としては、それほど大きな物ではないが、何とも印象的な佇まいである。それほど時代を感じさせる作りではないが、果たして、どれくらい前に建てられた物だろうか。

ビストリック・タワーの近くに立て看板があった。
_DSC5159_20230908.jpg
看板の劣化具合からして、現役の観光スポットという訳ではなさそうだ。ボスニア語と英語で何やら説明が書いてあるが、この手の英語は難しく理解できないため、後日、インターネットでその歴史を調べてみた。

ビストリック・タワーはボスニア・ヘルツェゴビナがオーストリア=ハンガリー帝国の支配下にあった19世紀後半に作られた要塞である。第一次世界大戦後は展望台として使われていたが、1990年代に起きたボスニア・ヘルツェゴビナ紛争により、ビストリック・タワーは破壊されたとのことだ。
_DSC5165_20230908.jpg
建物の外観には、その時に残された無数の弾痕が確認できる。これはサラエボ市街の古い建物でも確認できるものだが、これほど弾の跡が残っている建物は珍しい。よほど強い攻撃を受けたことが見て取れる。恐らく、紛争中は再び要塞や倉庫などとして使われていた可能性が考えれる。

せっかくなので、内部の調査も行ってみることにした。
_DSC5194_20230908.jpg
まず向かって左側にある建物に入ったが、こちらは外観から想像した以上に状態が悪かった。床のほとんどが抜け落ちており、立っている場所も、いつ抜けてもおかしくない状態であった。

中央にはエレベーターのようなものが確認できるが、時代的にどうだろうか。もしかすると、もう少し単純なリフトのような物が設置されていた可能性もあるが、真相は定かではない。引き続き階段を使って上のフロアの調査を行う。
_DSC5214_20230908.jpg
それにしても、この階段が怖かった。外壁が完全にない場所もあり、一歩足を滑らせれば、かなりの高さから落ちてしまうことは避けられない。高いところは苦手なので、足を震わせれながら、慎重に上がって行く。いや、帰りの方が絶対怖いやつだ。
_DSC5206_20230908.jpg
上のフロアは幾分、状態が良いようだ。とくに当時を臭わせるものは残されていなかったが、独特の作りとグラフィティがとても印象的な空間であった。とは言え、階段付近は相変わらず抜け感が凄い。十分に注意が必要であった。
_DSC5200_20230908.jpg
_DSC5201_20230908.jpg
慎重に階段を上がって行くと、この建物の屋上に到着する。
_DSC5246_20230908.jpg
屋上は日の光もあり、先ほどの各フロアとはまた違う雰囲気を見せてくれる。また四方八方に大きな覗き口があり、ここが要塞として使われていたことを感じさせる空間となっていた。ここからの景色はとても印象的なものであった。
_DSC5225_20230908.jpg
_DSC5217_20230908.jpg
何だか可愛らしいヤツもたくさんいた。
_DSC5238_20230908.jpg
続いて、隣の建物の調査へと入る。先に入った建物よりは肉付きも良く、もしかすると当時を感じさせる何かが残されているかもしれない。いま上がってきた3倍くらい時間をかけて、ゆっくりと階段を降りた。

こちらがもう一つの建物である。
_DSC5253_20230908.jpg
何だか人工的に作られたお化け屋敷のような雰囲気を感じさせる建物である。これは内部にも相当期待してしまう。早速、内部の調査を進める。
_DSC5262_20230908.jpg
しかし、思った以上に内部は何もなかった。階段から先が落とされていたりするので、もしかすると当時は、もう少し小さな部屋がいくつもあり、兵舎や倉庫のような役割をしていたのかもしれない。場所柄、ホームレースの棲み処という訳ではないだろうが、ゴミも確認できたので、恐らく若者たちのたまり場にもなっているのかもしれない。
_DSC5304_20230908.jpg
私は1時間ほど滞在し、ビストリック・タワーを後にした。今回、別の廃墟を訪れる際に、たまたま見つけた副産物的な探索であったが、歴史ある魅力的な廃墟であった。もう少し内臓が残されていたら嬉しかったが、まぁそれも廃墟探索あるあるなので、楽しいものである。これからも世界中の素晴らしい廃墟を訪れて行きたい。

おわり。
_DSC5325_20230908.jpg
Bistrik tower

Ruins of a fortress in the mountains of Sarajevo. It was a ruin with a mysterious charm that gave you a sense of the times.

Location: Sarajevo Bosnia and Herzegovina
Shooting date: 7/2023
category: Abandoned Places
関連記事